魅力的なリング選び

現在おしゃれなブライダルリングでも、手頃な価格で手に入ります。例えばかまぼこ型や平打ちのノーマルタイプのリングならプラチナでも1つ19800円程度からあります。ペアで購入しても4万円足らずです。これなら安心して購入できるはず。また1つ3万円程度のランクになると、プラチナで輝きのあるカットリングなども。他にも小さなダイヤが1つはめ込まれたタイプもあり、ちょっとした角度で魅力的に輝きます。また品の良いつや消しタイプもおすすめです。

1つ4万円程度のランクになると女性ものの場合、プラチナリングに小さいダイヤが5つ並んだ可愛いタイプのブライダルリングも購入できます。またリング自体曲線を描いたものや、ねじりタイプのものなども。5万円程度のランクでは少し大きめのダイヤが5つほど並び、1粒ダイヤのエンゲージリングとセットでつけてもゴージャスになるタイプまで揃っています。その上の10万程度になると、ぐるりと小さなダイヤがはめ込まれている華やかなものなども。

ただしここでご紹介している価格は安いショップでのご紹介です。ブライダルリングは同じような素材、同じような技術で作られていても、やはりショップによってその価格はまったく違います。安いショップを選ぶことも魅力的なブライダルリング選びには大切かも知れません。

○関連リンク○ガラ OKACHIMACHI_結婚指輪セット販売
結婚指輪のペアセットを均一価格で販売しています。

デザインと価格

ブライダルリングのデザインと価格は深く関係があると言われています。ブライダルリングは夫婦とも、どんなときも身に付けておくことが多く、やはりデザインや素材はとても重要になります。20年ほど前まではブライダルリングというと単なるノーマルリングで、平打ち型やかまぼこ型が90%以上でした。せいぜいデザインのあるリングといっても、ノーマルリングに彫刻を施している程度でしたが、今では本当にさまざまなデザインがあります。

また特に女性用にはダイヤなど小さな宝石が埋め込んでいるものも人気です。やはり日常つけておくリングなので、どうしても宝石などは小さなものを埋め込む程度ですが、それでもさまざまなデザインがあります。しかし価格を抑えようとする場合は、平打ちやかまぼこ型のノーマルなものを選びましょう。

素材はプラチナが一番硬く、傷が付いたり曲がったりしないと言われています。リングの場合、例えば毎日スーパーの袋にいろいろな買い物を入れて持った場合、柔らかい素材のリングはだんだん曲がっていきます。そのため硬い素材ということでプラチナが人気なのです。今ノーマルタイプのプラチナブライダルリングは1つ2万円ぐらいのものもあります。2人ペアでも4万円程度で購入できるのです。

ブライダルリングの選び方

エンゲージリングは婚約指輪のことですが、それに対してマリッジリングがあります。つまり結婚指輪のことです。そしてもう一つ結婚指輪のことをブライダルリングとも言います。結婚式で交換するリングでもあることからこのように呼ばれているのです。ではブライダルリングの選び方のポイントは、どのようなデザインを選ぶか、どのような素材を選ぶかなどが重要になりますが、その基本になるのは予算ではないでしょうか。ブライダルリングの価格をある程度決めておかないと、どれがいいか選ぶことも難しくなります。ちなみにブライダルリングの平均価格はペアで約10万~20万です。

ブライダルリングの価格については、いろいろな考え方があります。例えば一生大切に使いたいので、質の良いものを選びたい。そのためには少し高くても良いという考え方。逆にブライダルリングの購入に無理をして、新婚の生活がきつくなるのは望まないので、デザインなど必要以上に高級感のあるものはいらないという人もいます。また今はお金もないので、単純なデザイン性も特にないリングにしており、いずれゆとりができたら良いものを購入したいという人などいろいろです。

ただしみんな共通しているのは、品質の高い素材を使うということではないでしょうか。やはり毎日はめていることで汗や水にも濡れるので、メッキなどではすぐに駄目になってしまいます。そこで天然素材で錆びたりしないものが基本です。銀を使ったものに人気がないのは、やはり銀は黒くなってしまうということがあるからではないでしょうか。人気があるのはプラチナ、ゴールド、チタンなどとなります。